あおい科(葵科)

アオイ科は双子葉植物の一科。熱帯を中心に約75属1000種が分布。草本または低木。花弁は5枚。おしべは多数で花糸が筒状に癒合。果実は果(さくか)。フヨウ・ハイビスカス・オクラ・ワタなど。「大辞林 第二版」
従来の分類(クロンキスト体系など)では約75属、1500種からなる。美しい花をつけるものが多く、観賞用のハイビスカス、ムクゲ、フヨウ、タチアオイなどのほか、食用のオクラ、またワタやケナフなど繊維として利用されるものもある。トロロアオイは糊料用。花は両性花で、5枚の花弁と雄蕊が基部で合生し、雄蕊どうし合着して筒状になる。熱帯地方に多く、日本の本土に本来自生するものは数種(三浦半島以南の海岸に生えるハマボウのほか、南西諸島にさらに数種)で、そのほか帰化植物が数種ある。日本にはフヨウ属、ボンテンカ属、キンゴジカ属が分布。
家紋に使われる葵(徳川家の「三つ葉葵」、下鴨神社の「双葉葵」など)は別科であるウマノスズクサ科のフタバアオイの葉をデザインしたものである。主な属は
・トロロアオイ属 Abelmoschus : リュウキュウトロロアオイ(沖縄に自生)、オクラなど
・イチビ属 Abutilon:  イチビ
・Alcea :
・タチアオイ属 Althaea : タチアオイ、ウスベニタチアオイ
・Callirhoe:
・Gaya :
・ワタ属 Gossypium:  ワタ
・フヨウ属 Hibiscus (ハイビスカス属):  フヨウ、ハイビスカス、ムクゲ、ケナフ、ハマボウ、オオハマボウ、モミジアオイなど
・Hoheria:
・Kosteletzkya:
・ハナアオイ属 Lavatera:
・ゼニアオイ属 Malva:  ゼニアオイ、コモンマロウ
・エノキアオイ属 Malvastrum:
・ヒメフヨウ属 Malvaviscus:
・キンゴジカ属 Sida:  ハイキンゴジカ(路傍の雑草)
・Sphaeralcea:
・サキシマハマボウ属 Thespesia:  サキシマハマボウ(沖縄及び太平洋諸島に分布)
・ボンテンカ属 Urena:  ボンテンカ、オオバボンテンカ(赤い花をつける低木、沖縄以南に分布)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック