おおかめのき (大亀の木)

画像

オオカメノキ(学名:Viburnum furcatum)はスイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。高さは2~5m。日本各地をはじめ、サハリンや南千島それに済州島に分布。山地帯から亜高山帯に生える。葉は大形の円形で対生し、鋸歯があり、先がとがる。葉脈がへこんでしわ状になる。4~5月ごろ、枝先の散房花序に白い花を咲かせる。周辺に装飾花がある。実は丸く、赤く熟してから黒色に変わる。葉を虫がよく食べることから、別名「むしかり(虫喰)」とも呼ばれる。写真は六甲高山植物園(2009/05/03)。

画像


北大植物園(2012/8/9)
画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック