つくばねうつぎ(衝羽根空木)

画像


ツクバネウツギ(学名:Abelia spathulata)はスイカズラ科ツクバネウツギ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は日本。関東以西の山地に自生。葉は対生し、広卵形~長楕円形。花期は5月頃。赤褐色の細い新枝の先に上端が5裂する筒状鐘形の淡黄白色の花を数個つける。萼片は5個あり、果実になっても残る。顎は花時には緑色であるがやがて紅紫色をになることが多い。和名は果実の頂に衝羽根に似た萼片が残存するため。ウツギは茎の中心部がうつろであるという意味であるが、本種の茎の中心部には穴がない。写真は京都府立植物園(2008/8/5)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック