うぐいすかぐら(鶯神楽)

画像

ウグイスカグラ(学名:Lonicera gracilipes)はスイカズラ科の落葉低木。高さは1.5~3m。北海道~四国の山野に生え、。樹皮は灰褐色で縦に割れる。樹皮は裂けてはがれる。葉は単葉で対生。葉身は長さ2.5~5cmの広楕円形~倒卵形で葉先は急鋭頭または鈍頭。両面とも無毛だか、葉や苞のふちに毛が生えることがある。葉の表面は濃緑色、裏面は灰白緑色。葉縁は全縁。花期は4~5月。本年枝の葉腋から花柄を出して、淡紅色の花を1~2個下垂する。花冠は細い漏斗形で、先端は5裂する。果期6月。果実は液果、直径1cmの楕円形。赤く熟し、ほんのりした甘みがあり、食べられる。冬芽は長さ2~4mmの卵形。芽鱗は1~2対。徒長枝には葉柄の基部が広がり、対の葉柄の基部と合着したつばが残っている。ウグイスカグラはふつう全体無毛で、ヤマウグイスカグラは枝、葉、花に毛があり、ミヤマウグイスカグラは腺毛がある。名前は鶯がこの花や実をついばむ姿が神楽を踊っているように見えるため。 写真は京都府立植物園(2008/08/05)。

画像


北山緑化植物園(2011/04/07)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック