ふさすぐり(房酸塊)

画像

フサスグリ(学名:Ribes rubrum)はユキノシタ科スグリ属の落葉小低木。高さは0.4-1.5m。ヨーロッパ原産の赤色系とヨーロッパ及び中央アジア原産の黒色系がある。開花期は4~5月。果実鑑賞期は6~8月。赤色系をアカスグリ(赤すぐり)、レッドカーラント、白色系をシロスグリ(白すぐり)、黒色系をクロフサスグリ(カシス)と呼ぶ。赤色品種は酸味が強く、専ら加工用。白色品種は若干甘味があり、生食も可能。小さく可憐な実であるため、ケーキやパフェなどのかざりとしてもしばしば用いられる。漢字で「房須具利」とも書く。宝塚あいあいパーク(2008/6/28)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック