アメリカのうぜんかずら(亜米利加凌霄花)

画像

アメリカノウゼンカズラ(学名:Campusis radicans)はノウゼンカズラ科の落葉蔓性木本。高さは12mほどになる。北アメリカ中南部原産。大正時代の末期に渡来。アメリカ・ケンタッキー州の州花。庭木、公園樹、壁面飾りなどに広く植栽されている。茎に多数の付着根があり、高く這い登る。葉は対生し奇数羽状複葉。卵形の小葉は4~6対。7~9月、ノウゼンカズラより筒部の長い花を咲かせ、花色が濃い。がくが赤橙色。花筒の長さ6~8cm、花径は3~4cm。赤花種だけではなく黄花種もある。果実(さく果)を結び、長さ7~15cmの長楕円形。写真は豊中服部植物園(10/3)。

宝塚ガーデンフィールズ(2011/9/11)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック