植物の用語



維管束植物の基本器官の一。枝や茎につき、主として同化・呼吸作用を行う。多様な変態を示し、機能や形態によって子葉・普通葉・包葉・鱗片(りんぺん)葉・花葉などに分ける。普通葉の形態は種によって異なり、分類上の手がかりとされる。

「葉を欠いて根を断(た)つ」:枝葉を切り払って大切な根本をだめにしてしまう。



複葉

葉身が二枚以上の小葉よりなる葉。小葉の並び方により、掌状複葉(アケビなど)・羽状複葉(フジなど)など、その形状により多くの呼び方がある。



果実

種子植物の花の子房・花托(かたく)・萼(がく)などが受精後に形成する器官。被子植物ではふつう雌しべの子房壁が発達して果皮となり、内部に種子を包む。一個の子房からできる単花果と、多数の子房からなる集合果がある。また、果皮が多肉質のものを液果、堅い膜質のものを乾果といい、さらに種によって様々な形態をとる。





種子植物の生殖器官。一定の時期に枝や茎の先端などに形成され、受精して実を結ぶ機能を有するもの。有性生殖を行うために葉と茎が分化したもので、花葉と花軸からなる。花葉は普通、萼(がく)・花冠(花弁の集合)・おしべ・めしべに分化して、花の主体を形成する。形態上の特徴は分類上の指標となる。



萼(がく)

花の最も外側に生じる器官。数個の萼片から成り、多くは緑色。タンポポの冠毛は萼が変形したもの



花冠(かかん)

一つの花の花弁全体。花弁が一枚ずつ離れているものを離弁花冠、融合しているものを合弁花冠という。
→花被(かひ)



花被(かひ)

一般に、花冠と萼(がく)の区別がない場合、両者を一括した呼称。広義には、花冠と萼の総称。雌しべ・雄しべを取り囲み保護している部分。花蓋(かがい)。



花序(かじょ)

花軸についている花の配列状態。無限花序と有限花序に大別される。



無限花序(むげんかじょ)

花が花軸のもとの方から順次先端にかけて咲いていく花序。穂状(すいじよう)花序・総状花序・散房花序・散形花序・頭状花序に分けられる。求心花序。総穂花序。
⇔有限花序



有限花序(ゆうげんかじょ)

花軸の先端の方から順次もとの方に向かって開花する花序。単頂花序(チューリップ)のほか、第一花の下方に側枝が出る集散花序がある。遠心花序。
⇔無限花序



頭状花(とうじょうか)

頭状花序全体を一つの花に見立てていう語。キク科植物の類。頭花。



付着根(ふちゃくこん)

他物に付着して体を支えよじ登るために、茎から出る不定根。ツタ・ノウゼンカズラなどに見られる。よじ登り根。



以上goo辞書より引用

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック