のうぜんかずら(凌霄花)

画像

ノウゼンカズラ(学名:Campsis grandiflora)はノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属のつる性落葉樹。高さは3~6m。中国原産。庭木、公園樹、壁面飾りなどに植えられている。幹はつる状で長く伸び、節から付着根(ふちゃくこん)を出して他の物にからみつく。葉は対生し、小葉の縁に粗い鋸歯がある。羽状複葉。夏(7~8月)、黄赤色(オレンジ色)の大きい漏斗状の花を多数つける。別名ノウゼン(凌霄)、ノウゼンカ(凌霄花)。漢名、凌霄花(りようしようか)。[季]夏。写真は箱根富士屋ホテル(2007/8/5)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック