せいようはこやなぎ(西洋箱柳)

画像


セイヨウハコヤナギ(学名:Populus nigra var. italica)はヤナギ科ヤマナラシ属の落葉高木。高さは15~25m。原産地はヨーロッパ、西アジア。枝は垂直方向に伸び、樹形が円錐形で美しいので街路樹などにする。ポプラは分類上はヤマナラシ属の属名であるが、一般にはセイヨウハコヤナギをポプラの名で呼ばれる。葉は単葉で互生し、葉身は長さ4~12cmの広三角状あるいは菱状三角形で、葉柄は2~5cm。葉の表は光沢があり濃緑色、裏は淡緑色で、葉縁には細かな鋸歯があり、先頭は急に鋭尖頭となる。花期は3~4月。雌雄異株で雌株はやや横に広がる。葉が出る前に穂状の花序が下垂する。雄花序は紅色。別名ポプラ(poplar)。写真は宝塚小浜の総合体育館横(2007/5/11)。

画像


神戸森林植物園(2007/6/11)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック