こばんのき(小判の木)

画像

コバンノキ(学名:Phyllanthus flexuosus)はトウダイグサ科コミカンソウ属の落葉低木。高さは2~3m。原産地は南洋諸島。本州の中部以西、四国、九州の川岸や崖地に生える。葉は互生し、細い枝に付く様子は複葉に見える。葉には短い葉柄があり、楕円形。長さは2~4cmで全縁。裏面は粉白色で葉脈は突出しない。雌雄異株。花期は5月。花は小形で紫色をなす。果実は黒色にて有柄、偏球形。 名の由来は葉の形が小判に似ているから。写真は武田尾(2007/4/13)。

京都府立植物園(2013/6/25)
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック