はなぞのつくばねうつぎ(花園衝羽根空木)

画像


ハナゾノツクバネウツギ(学名:Abelia x grandiflora)はスイカズラ科ツクバネウツギ属 の常緑~半落葉低木。高さは1~2m。原産地は中国。庭や公園に植える。よく枝を分かち、小枝は鮮紅色で、卵形の葉を対生し、長さ2~4cm。。花期は5月~11月。連続的に枝先に花冠の長さ1.5~2cmの微紅色の花をつける。花は少し香る。別名アベリア [(ラテン) Abelia]、 ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)。写真は宝塚逆瀬台(2007/1/27)。

大阪淡路(2007/6/18)
画像


京都府立植物園(2008/8/3)
画像


画像


大阪鶴見緑地(2007/8/27)アベリアエドワードゴーチャ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック