つりがねかずら(釣鐘葛)

画像


ツリガネカズラ(学名:Bignonia capreolata)はノウゼンカズラ科ツリガネカズラ属の常緑蔓性低木。原産地は北米。葉は対生、3出複葉。中央の頂葉は分枝した巻きひげとなり他の物にからむ。全縁。花期は4月~5月。前年枝の葉腋に鐘状漏斗形の花を咲かせる。花の外側は橙赤色で中心部は淡色、長さ5cm位、特有な臭いがある。庭木や鉢物として栽培される。フェンスやアーチ、壁面などの緑化植物としても使われている。別名ビグノニア(Bignonia)、カレーカズラ(Curry葛)、カレーバイン(Curry vine)。花がカレーの色や匂いがすることから。写真は甲山森林公園(2007/3/16)。

画像


画像


甲山森林公園map24-25(2007/4/26)
画像


甲山森林公園map24-25(2007/6/16)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック