あかめがしわ(赤芽柏)

画像

アカメガシワ(学名:Mallotus japonicus)はトウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木。高さ10~15m。原産地は日本、中国、台湾、朝鮮半島。本州中部以西の山野に自生。葉は卵円形で、浅く3裂し、夏(7月)、小形の黄花を円錐花序につける。8月になると果皮が割れて中から黒くて光沢のある種子が顔を出す。和名は新芽が紅色なのでいう。材は軟らかく、箱・床柱・下駄などに用いる。別名ヒサギ(久木、楸)、ゴサイバ(御菜葉)、サイモリバ(菜盛葉)。昔、この葉に食物を載せたのでゴサイバ、サイモリバの別名がある。写真は甲山森林公園(2007/2/15)。

甲山森林公園(2007/3/26)
画像

甲山森林公園map10-11(2007/6/6)
画像

甲山森林公園map14-15(2007/7/5)
画像

西山公園(2008/08/26)
画像

画像

西宮市鷲林寺付近(2011/9/1)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック