テーマ:ヤナギ科

せっかやなぎ(石化柳)

セッカヤナギ(学名:Salix sachalinensis ‘Sekka’)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さは5~15m。原産地は日本。オノエヤナギ(尾上柳、学名: Salix sachalinensis)が帯化した品種。花期は3~4月。花色は白色。石化は、帯化ともいい、枝が帯状に堅く平たくなった様のことをいい、流線型のかわっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しろやなぎ(白柳)

シロヤナギ(学名:Salix jessoensis)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さは15~20m。原産地は日本固有種。北海道と本州の中部地方以北の川原の礫地や湿った原野などに生る。樹皮は淡灰褐色で縦に割れる。新枝は緑褐色。葉は互生。葉身は長さ5~11cmの長楕円状披針形~披針形で先は尖り、縁には鋭い小さな鋸歯がある。表面は濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くろねこやなぎ(黒猫柳)

クロネコヤナギ(学名:Salix gracilistyla var. melanostachys)はヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。高さは1~3m。原産地は日本。ネコヤナギ(Salix gracilistyla)が突然変異したものだが、日本国内では園芸種として出回っている。全体に無毛で若い枝は濃い赤色をしている。葉の裏面にはほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こりやなぎ(行李柳)

コリヤナギ(学名:Salix koriyanagi)はヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。高さは2~3m。原産地は朝鮮。古くに日本に渡来。川岸、湿地帯に生育。根元より多数の枝を株立ち上げ、樹皮は灰緑色で滑らかでだが縦筋が入る。葉は対生又は互生し、長さ5~10cmの葉先の尖った線状披針形で上部に浅い鋸歯が見られるほかは全縁。無毛で裏面は白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふりそでやなぎ(振袖柳)

フリソデヤナギ(学名:Salix x leucopithecia)はヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。高さは1~5m。原産地は日本。北海道~九州の河原などの湿った場所で見られる。ヤマネコヤナギとネコヤナギの雑種。葉は長楕円形で厚く、表面は光沢があり、裏面は白色の絹毛で被われる。花期は2~4月。葉に先立って長さ約5cmの大きな尾状花序を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎんどろ(銀泥)

ギンドロ(学名:Populus alba)は、ヤナギ科ハコヤナギ属の耐寒性落葉高木。高さは5~10m。原産地は欧州、中央アジア、北アフリカ。明治中期に渡来し、公園樹や街路樹として植えられている。、樹皮は銀泥(ギンデイ)で塗ったように、灰白色で縦裂する。葉の裏には毛が密生しており、銀白色に見える。葉表は濃緑色。花期は3~4月。花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまならし(山鳴らし)

ヤマナラシ(学名:Populus tremula var. sieboldii、Populus sieboldii)はヤナギ科ヤマナラシ属の落葉高木。高さは10〜25m。原産地は日本。 北海道~九州の日当たりのいい山地に生える。樹皮は灰色でなめらか。菱形の皮目が目立つ。新枝は緑灰白色でなめらか。葉は互生し、葉身は長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けしょうやなぎ(化粧柳)

ケショウヤナギ(学名:Salix arbutifolia、Chosenia arbutifolia)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さは20~25m。原産地は中国、日本、韓国、ロシアなどのアジア東部。北海道、信州上高地付近の河岸の砂礫地(されきち)に生える。樹皮は灰褐色で不規則に縦に裂ける。葉は細長い長楕円形で長さ5cm内外、互生。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いぬこりやなぎ(犬行李柳)

イヌコリヤナギ(学名:Salix integra)はヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。高さは2~3mほど。原産地は日本、朝鮮。北海道~九州の乾燥した山野や川沿いに生える。株立ちになり、枝は無毛で細い。葉は主に対生だが、互生もまじる。葉は長さ4~10cmの長楕円形。ふちに浅い鋸歯がある。雌雄別株。花期は3~4月。葉の展開前に長さ1.5~2.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きぬやなぎ(絹柳)

キヌヤナギ(学名:Salix kinuyanagi )はヤナギ科ヤナギ属の落葉小高木~低木。高さは10mくらい。原産地は朝鮮半島。日本へは栽培用に持ち込まれ、野生化したものがほぼ全国的に自生。雌雄異株。日本では雄木のみ。樹皮は黒灰色、縦に割れ目が入る。葉は狭披針形で長さ10~20cm。葉縁は不明瞭な鈍鋸歯。 若葉は縁が裏側に巻く。葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤナギ科(Salicaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Populus alba ■ぎんどろ(銀泥)  ▲ウラジロハコヤナギ、ハクヨウ  〔樹木〕 ●Populus nigra var. italica ■ポプラ(Popla.)  ▲*セイヨウハコヤナギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うんりゅうやなぎ(雲龍柳)

ウンリュウヤナギ(学名:Salix matsudana var. tortuosa)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さは5~12m。中国中部地方、黄河流域原産。幹は灰褐色、樹皮は割れる。無毛で平滑な小枝は細く、淡い黄緑色を呈し、蛇状あるいは螺旋状に捩じれ曲がり、樹姿はシダレヤナギに似る。成葉は非常に細長く、先端は尖る。鋭細鋸歯縁、葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかめやなぎ(赤芽柳)

アカメヤナギ(学名:Salix chaenomeloides)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さ10~20m。原産地は日本、朝鮮半島、中国。本州東北地方中部以南~四国、九州に分布。高さより枝の広がりの方が大きく、葉の付け根に円形の葉のようなものをつけるのが特徴。葉は互生し、楕円形~披針形で単鋸歯。春に出る新芽や若い葉が赤いことから赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たちやなぎ(立柳)

タチヤナギ(学名:Salix subfragilis)はヤナギ科の落葉小高木。高さ5~10m。原産地は日本。北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯の湿原や河原に分布。樹皮は灰褐色で不規則に剥がれる。葉は単葉で互生し、葉身は披針形または長楕円状披針形で長さ5~15cm、幅1.5~2.5cm。表面は緑色、裏面は黄緑色。葉縁は細か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しだれやなぎ(枝垂れ柳)

シダレヤナギ(学名:Salix babylonica)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さ10~25m。中国原産。街路樹・庭園樹として広く植えられる。枝は細長く下垂し、広線形の葉を互生。雌雄異株。早春(3~5月)、黄緑色の花穂を葉腋につける。種子には白い綿毛がある。普通ヤナギというと本種をさす。別名イトヤナギ(糸柳)、シダリヤナギ(垂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねこやなぎ(猫柳)

ネコヤナギ(学名:Salix gracilistyla)はヤナギ科の落葉低木。高さ0.5~3m。各地の水辺に自生。庭木ともする。葉は細長い楕円形で裏は帯白色。雌雄異株。早春(3~4月)、葉に先だち長さ3~4cmの柔らかい白毛を密生した尾状花序をつける。別名カワヤナギ(川柳)、エノコロヤナギ(狗尾柳)。[季]春。写真は甲山森林公園(3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せいようはこやなぎ(西洋箱柳)

セイヨウハコヤナギ(学名:Populus nigra var. italica)はヤナギ科ヤマナラシ属の落葉高木。高さは15~25m。原産地はヨーロッパ、西アジア。枝は垂直方向に伸び、樹形が円錐形で美しいので街路樹などにする。ポプラは分類上はヤマナラシ属の属名であるが、一般にはセイヨウハコヤナギをポプラの名で呼ばれる。葉は単葉で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポプラ(Poplar)

ポプラ(学名:Populus)はヤナギ科ヤマナラシ属またはハコヤナギ属 に属する樹木を総称するもので、北半球の温帯に約100種が分布する。落葉樹。一般にはセイヨウハコヤナギ(学名:Populus nigra var. italica)をポプラの名で呼ぶ。豊中服部緑植物園(2007/10/3)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more