ひめかんぞう(姫萓草)

画像


ヒメカンゾウ(学名:Hemerocallis dumortieri var. dumortieri、Hemerocallis dumortieri)はユリ科ワスレグサ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。山や高原の草地に生える。葉は根元に集まり、長さ40~70cmの線状披針形で、主脈が凹み、冬には枯れる。花期は5~6月。茎先に数個の花がつき、花は横向き~やや上向きに咲く。花は長さ5~7cm、径5~7cmで、花被片は6枚で、橙黄色~濃黄色である。野生のニッコウキスゲやユウスゲと同様に朝に開花し、夕方に萎む一日花である。他のノカンゾウ(野萓草、学名:Hemerocallis fulva var. fulva)などのカンゾウ(萓草)と比べると早く咲き、花が一回り小さいことから、ヒメカンゾウの名がつつけられた。別名ー。英名はnarrow dwarf day‐lily。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック