ようらくたまあじさい(瓔珞玉紫陽花)

画像


ヨウラクタマアジサイ(学名:Hydrangea involucrata var.mulutiplex)はアジサイ科アジサイ属の半耐寒性落葉小低木。高さは1~2m。原産地は日本(伊豆大島)。自生地は湿り気のある木陰で生育。タマアジサイの変異種で、昭和23年、中井猛之進博士が伊豆大島で発見し命名。花期は7~9月。日本に自生するアジサイの中で、蕾が苞に包まれて球形になる幻の名花として人気の高い玉アジサイ。装飾花が八重咲きになる。蕾がはじけて大きなガクアジサイのような花をつけることからクスダマノキの名もある。瓔珞(ようらく)とは、仏像や仏殿、装身具や建物の軒に下げる装飾品のこと。別名クスダマノキ(くす玉の木)。京都府立植物園(2016/7/28)。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック