だいじょ(大薯)

画像


ダイジョ(学名:Dioscorea alata)はヤマノイモ科ヤマノイモ属の蔓性多年草。草丈は6~25m。原産地は東南アジア、西アフリカ。日本では沖縄県で広く栽培されるほか、九州・四国などでもわずかに栽培される。ヤムイモ(Dioscorea 属の食用種)の1種の芋類。葉はハート形からくさび形、イモの形もナガイモ類と同じように、長形から塊形まで様々であるが、茎の断面が四角形をしており、四辺の角が翼状になっている。花期は6~8月?。花色は黄緑色、イボリー。収穫期は11月。芋の中身は鮮やかな紫色をしているものが多いが、白色の品種もある。紫色のものはベニヤマイモ(紅山芋)、ベニイモ(紅芋)とも呼ぶ。別名ダイショ(大薯)、シンショ(参薯)、デンショ(田薯)、オキナワヤマイモ(沖縄山芋)、タイワンヤマイモ(台湾山芋)、ウベ (フィリピン語:ube)、パープルヤム (purple yam)、ウォーターヤム (water yam) 。京都府立植物園(2015/10/10)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック