くるまゆり(車百合)

画像


クルマユリ(学名:Lilium medeoloides)は、ユリ科ユリ属の多年草。草丈は30~100cm。原産地は日本、朝鮮半島。北海道から本州の中部地方 四国の亜高山から高山に生育。葉が茎の中央部で6~15枚輪生し、その上部に3~4枚まばらにつく。花期は7~9月。茎先に赤橙色をした花を1輪ないし数輪、横向きないし斜め下向きにつける。 花径は3~6cmで、6枚の花被片はオレンジ色で、先が強く反り返り、濃紅色の斑点がある。花粉は赤褐色。 花の姿はオニユリ(鬼百合)やコオニユリ(小鬼百合)に似ている。朔果は倒卵形で、長さは約2 cm。和名は茎に輪生する葉を車輪の輻(や)にたとえたことに由来する[。別名カサユリ(笠百合)。京都府立植物園(2015/7/31)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック