はやちねうすゆきそう(早池峰薄雪草)

画像


ハヤチネウスユキソウ(学名:Leontopodium hayachinense)はキク科ウスユキソウ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本。岩手県早池峰山特産で、山頂部の蛇紋岩地の礫地に生える。根出葉は線状倒披針形で、長さ3~8cmになり、両面に白毛がある。茎につく葉は7~10個が互生し、線状披針形で先端がとがり、長さ3~5cmになり、基部は細くなり茎を抱く。表面の綿毛は少なく緑色で、裏面は灰白色の綿毛が密生する。花期は7~8月。4~8枚の線状披針形の総包葉が星形につき、全体に白い綿毛を密生する。 茎先には柄のない頭花を4~8つける。 頭花の中心部には雄花、周辺部には雌花がある。他のウスユキソウ属の花と比べて、花も大きく綿毛も多い。花の後にできる実はそう果。アルプスに咲くエーデルワイスに似ていることが縁で早池峰山の麓にある大迫町(現花巻市)は、オ-ストリアのベルンドルフと姉妹都市になっている。環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。湯沢高原パノラマパーク(2015/6/18)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック