なんぶあざみ(南部薊)

画像


ナンブアザミ(学名:Cirsium nipponicum)はキク科アザミ属の多年草。草丈は100~200cm。原産地は日本。北海道~本州の中部地方にかけて主に日本海側に分布し、山地の林の中や林の縁に生える。太平洋側に多く分布するトネアザミ(利根薊、学名:Cirsium nipponicum var. incomptum)の基本種とされている。茎につく葉は楕円状の披針形で、互生。茎の上部につく葉は切れ込まずに鋸歯のあるものが多く、下部につく葉には羽状に中裂するものもある。つけ根の部分は茎を抱かない。花期は8~10月。花径2~3cmの紅紫色をした頭花を横向きに多数つける。頭花は多数の舌状花からなる。総苞片は7列に並んでそり返り、粘らない。花の後にできる実はそう果。別名ヒメアザミ(姫薊)。京都府立植物園(2014/11/4)。

画像


京都府立植物園(2015/10/10)
画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック