いなかぎく(田舎菊)

画像


イナカギク(学名:Aster ageratoides、Aster ageratoides subsup. amplexifolius)はキク科シオン属の多年草。草丈は50~100cm。原産地は日本、東南アジア。北海道西南部、関東地方以西~九州の日当たりのよい山地の林道や林縁に生える。葉柄は短く基部はやや茎を抱く。葉身は長楕円状で、葉先は尖頭。 両面に白い短毛。葉縁はまばらな鋸歯。花期は9~11月。舌状花は白色で隙間なくつくものもあり、筒状花は黄色。花は径2cm程度。総苞は釣鐘状。ノコンギク(野紺菊)やシロヨメナ(白嫁菜)に似るが、イナカギクの花はやや小さく、葉は、下部の3分の1が急に細まる特徴がある。ノコンギクもシロヨメナも葉は細長く先端が尖っており、葉縁に鋭い鋸歯がある。別名ヤマシロギク(山白菊)。京都府立植物園(2014/11/4)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック