フオプシス・スティロサ(Phuopsis stylosa)

画像

フオプシス・スティロサ(学名:Phuopsis stylosa)はアカネ科プオプシス属の多年草。草丈は10~30cm。原産地はコーカサスからイラン北東部。茎は細く分枝し、葉は6~8枚が輪生し、葉身は2~3cmで広線形。花期は5~8月。茎先に散形花序をだし、1~2cmの淡紅色の花をつける。花壇、ロックガーデン、グランドカバーなどで利用される。別名ハナクルマバソウ(花車葉草)。北大植物園(2012/8/9)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック