なずな(薺)

画像

ナズナ(学名:Capsella bursa-pastoris)はアブラナ科ナズナ属の越年草(一年草)。高さは20~40cm。畑や水田、道端、荒れ地などに普通に見られる。茎は直立して分枝。根生葉は、羽状に裂け、放射状に地面にへばりついて冬を越す。茎の上部の葉は楕円で先端が尖る。花期は3~ 5月。4枚の白い花弁を持つ直径3mmほどの小さな花を多数、花穂に付ける。下の方で花が終わって種子が形成される間も、先端部では次々とつぼみを形成して開花していく。果実は軍配型で、次第に膨らんで2室に割れて種子を散布する。春の七草の1つであり、古くから邪気を祓い、万病をさけるという七草粥の摘菜とされる。かつては冬季の貴重な野菜であった。薬草として用いられる。名前の由来は、夏になると枯れること、夏無(なつな)からとか、撫でたいほど可愛い花、撫菜(なでな)からなど、諸説ある。別名ペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)。上坂部西公園(2011/04/05)。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック