きばなせんにちこう(黄花千日紅)

画像

キバナセンニチコウ(学名:Gomphrena haageana)はヒユ科センニチコウ属の耐寒性一年草。草丈は50~70cm。原産地は熱帯アメリカ。 葉は細い。7~10月、細い枝先にボンボンのような可愛らしい丸い頭花をつける。花色は橙黄色や橙赤色で、花序径は2cm。切花や鉢植え、花壇に植えられるが、乾燥しても色褪せしないためドライフラワーとしても使われる。園芸種のセンニチコウ(千日紅)はやや小さく、花色は桃、白、紫紅で、葉は太め。別名キバナセンニチソウ(黄花千日草)、アメリカセンニチコウ(アメリカ千日紅)、ゴンフレナ(Gomphrena)。北山緑化植物園(2010/10/11)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック