アブチロン(Abutilon)

画像


アブチロン(学名:Abutilon)はアオイ科アブチロン属の総称。低木あるいは草本で、世界の熱帯および亜熱帯に約 100種が分布する。園芸的に利用されるのは、中央・南アメリカの原産種が多い。葉は心臓形のほか、掌状に深く切れ込むものなどがある。 花は一般に半開きで風鈴のようにたれさがって咲くものが多い。チロリアンランプ(Tyrolean lamp)参照。写真は宝塚アイアイパーク(2009/05/31)。



画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック