うちわのき(団扇の木)

画像

ウチワノキ(学名:Abeliophyllum distichum)はモクセイ科ウチワノキ属の落葉低木。高さは約2m。朝鮮半島の中北部が原産。 昭和初期に渡来、観賞用に植栽される。葉は卵形で、先端が尖り対生する。花期は3~4月。葉の展開する前に白色または淡い紅色のレンキョウに似た花を咲かせる。雌雄異株。枝に4稜がある。蒴果は扁平な円形で、周りが翼状になり、これが団扇の形に似ているところから、ウチワノキの和名が付いた。別名シロレンギョウ(白連翹)。写真は京都府立植物園(2008/08/05)。

西宮市北山緑化植物園(2013/3/11)
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック