しまとねりこ(島戸練子)

画像


シマトネリコ(学名:Fraxinus griffithii))はモクセイ科トネリコ属の半落葉高木。高さは10~18m。原産地は日本、台湾、中国、フィリピン。沖縄に分布する。姿が優しいので、庭園や公園などに植栽されている。大きく成長し、材木は良材である。葉は奇数羽状複葉で、歪んだ長卵形の小葉が3~11枚。花期は5~7月。雌雄別株で、枝先や葉腋から円錐花序をだし、小さな白い花を咲かせる。果期は9~10月。果実は翼果で倒披針形。和名は沖縄のトネリコの意味。別名タイワンシオジ(台湾塩地)。写真は淡路夢舞台(2007/2/18)。

画像


淡路夢舞台(2009/07/18)
画像


淡路夢舞台(2008/09/07)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック